ヘッダー画像

車のボディを洗車する

車のボディを洗車するとき、ただ水で洗い落とすだけでは汚れが取れない場合があります。

たとえば、ボディに固着してしまったピール(タール)は、水洗いしただけではなかなか落とすことはできませんが、専用のピッチクリーナーを使用することで対処できます。

また、一見するとボディに刺さっているように思われる鉄粉も、実際は固着しているだけですので、鉄粉除去剤や粘土で除去することができます。


その他の砂や泥、水垢などは水洗いとスポンジで落とすことができますが、いつでも落とすことができると思って放置しておくと、除去することが不可能となる汚れもあります。

たとえば、ボディに水垢、あるいはウロコのようになって付着しているシリカスケール(イオンデポジット)の場合、放置しておくと取り除くことができなくなるので、車を洗車するときに見つけたら通常磨きで除去しましょう。


また、油系の汚れは水だけでは落とせませんので、カーシャンプーを使用しましょう。

水洗いだけで済ませてしまうと、紫外線によって変質し、塗装を侵食するようになります。

除去剤にもさまざまな種類のものがありますが、説明をきちんと読んでから正しく使用するようにしましょう。